疏水名鑑
疏水とは何か 全国疎水名鑑 疎水百選 イベントアーカイブ キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ

【山形県】山形五堰

  sakura疏水百選
豊川用水
疏水紹介 疏水フォトギャラリー 疏水メッセージボード この疏水のニュース

御殿堰(済生館中央親水広場)
この疏水の関連情報
疏水マップ
水土里の路ウォーキング
山形五堰歴史探訪ウォーキング
疏水の概要
■疏水の所在
山形市(市街地を網の目のように流れている。)

■所在地域の概要
山形県東部、山形盆地の南部にある県下一の商工業都市で山形県の県庁所在地。古くから交通の要地で、商業地として栄えた。
市街地中心部に、国史跡の山形城跡があり、霞城公園(かじょうこうえん)となっている。8月初旬に、東北四大祭りのひとつ山形花笠まつりが催される。市北部郊外には、松尾芭蕉が「閑さや岩にしみいる蝉の声」とよんだことで知られる山寺(立石寺)、樹氷とスキー場で知られる蔵王国定公園がある。

■疏水の概要・特徴
城下町やまがたの親水空間「山形五堰」
「山形五堰」は、市街地を網目のように流れている全長115m2の5つの堰(笹堰・御殿堰・八ヶ郷堰・宮町堰・双月堰)の総称です。
その歴史は、寛永元年(1624年),当事の山形藩主鳥居忠政が、城濠への水の供給と農業・生活用水の確保のため、蔵王山系の水が集まって流れる「馬見ヶ崎(まみがさき)川」に五ヶ所の取水口(堰)を設けたことが始まりとされています。
昭和初期頃までは、農業・生活用水をはじめ水車を利用した製粉業・精米業や養鯉,染物,鰻問屋など様々な産業に活用されていました。
現在は、農業用水や防火用水機能のほかに、まちなかに残る歴史的遺産として保全し、景観を生み出し身近に水に触れる親水空間として活用されています。
また、地域の自治会の成果が「ホタル発見!」という形で見事に実りました。県都山形市のど真ん中でホタルが確認されたというのは全国的にも珍しく、山形特有の自然環境と五堰という歴史と文化が融合した結果ではないかと考えられる。



くわしい情報
山形市
山形五堰を歩いてみませんか


最上川中流用水
弁財天・釣樋堰
野川用水
おけさ堀
金山大堰 ★
山形五堰 ★
最上堰
山寺堰
二の堰 ★
三光堰
米沢平野
諏訪堰
北楯大堰 ★
大台堰
高松堰 ★
地域マップへ戻る
全国マップへ戻る
あなたの地域の疏水情報を募集しています。