疏水名鑑
疏水とは何か 全国疎水名鑑 疎水百選 イベントアーカイブ キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ

【岩手県】照井堰用水

  sakura疏水百選
豊川用水
疏水紹介 疏水フォトギャラリー 疏水メッセージボード この疏水のニュース

環境に配慮した石積み水路
この疏水の関連情報
疏水マップ
水土里の路ウォーキング
(農林水産省HPへ外部リンク)
疏水の概要
■疏水の所在
岩手県平泉町を中心とした周辺地域(約1,250ha)

■所在地域の概要
みちのく「平泉」に位置するこの地域は、中尊寺金色堂・毛越寺浄土庭園で知られるほか、
今年はNHK大河ドラマ「義経」でも紹介されており、毎年たくさんの人でにぎわう一大観光地である。
また、柳の御所遺跡の発掘に端を発した奥州平泉の「世界文化遺産登録」を目指す東北の歴史的な中心地である。

■疏水の概要・特徴
照井堰用水」は、いにしえの平安時代(約800年前)、東北の鎮守府将軍「藤原秀衡公」の家臣であった「照井太郎高春」が、この地に頭首工・用水路を完成させ下流の水田を美田としたので、その姓を取って「照井堰用水」と名付けられた。
この用水は、水田へのかんがいばかりではなく、地域の大切な生活用水となっているほか、毛越寺浄土庭園にも「遣水(やりみず)」として疎水されている。
毛越寺では、毎年春の行事として、平安時代中期に造られた遣水の水辺に、平安貴族さながらの装束をまとった歌詠み達が短冊に和歌をしたため、流れてくる杯を傾ける「毛越寺曲水の宴」が開催される。遠く平安時代に東北の小京都と詠われたゆえんである。
中尊寺金色堂に通じる「月見坂」の入り口を流下した照井堰用水は、さらに周辺地域をかんがいした後、「衣川」に落水される。
このように、照井堰はみちのく平泉の水田を潤すと共に、約800年前に栄えた藤原文化の象徴でもあり、現在も地域を潤している。
また、小学校の教科書には、昭和中期まで「照井堰用水」が紹介されており、この地方の歴史副読本には現在も掲載され、その歴史を伝えている。



くわしい情報
水土里ネットてるい
http://www.terui1170.com/
水土里デジタルアーカイブ
照井地区


鹿妻穴堰 ★
大堰用水路・立花頭首工 ★
胆沢平野 ★
越前堰
松川堰
奥寺堰 ★
照井堰用水 ★
地域マップへ戻る
全国マップへ戻る
あなたの地域の疏水情報を募集しています。