疏水名鑑
疏水とは何か 全国疎水名鑑 疎水百選 イベントアーカイブ キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ

【兵庫県】淡山疏水

  sakura疏水百選
豊川用水
疏水紹介 疏水フォトギャラリー 疏水メッセージボード この疏水のニュース

御坂サイフォン
この疏水の関連情報
疏水マップ
疏水を守る活動
(神出東地区/神戸市/神出東エコ農業活動組織)
疏水を守る活動
(見谷地区/稲美町/見谷地域資源保全隊)
疏水の概要
■疏水の所在
神戸市北区淡河町木津(淡河頭首工)から神戸市西区神出町(練部屋分水)までの延長26.3qの淡河川疏水と神戸市北区山田町(取入堰)から淡河川疏水幹線の宮の谷池までの延長11qの山田川疏水からなっている。

■所在地域の概要
当地域は瀬戸内海に面する印南野台地である。万葉集に「いなみ野」と詠まれ、古くから人々が生活していた地であり、水に恵まれない自然条件のもと、先人たちは林や丘を切り開き、ため池等でかんがい用水を確保して農耕社会を営んできた。明治以降には悲願であった淡河川・山田川の両疏水の完成により新田開発が進んだ。今では疏水の恵みを受け、豊かな水を湛えた大小のため池が散在する独特の農村風景を作りだしている。

■疏水の概要・特徴
当時、印南野台地は畑作が中心であったが、米作への転換のため新たな農業水利が必要となり、明治21年に淡河村木津(現在の神戸市北区淡河町)の淡河川から総延長26.3qの淡河川疏水工事に着手した。隧道28カ所(延長5.2q)は何れも大工事であった。なかでも延長682mの芥子山隧道は、土質が脆弱で崩れやすく、湧水もおびただしく、一昼夜の進行が僅か60pというほどの難工事で、完工に3年4カ月を要した。明治24年4月、難工事を極めた芥子隧道も完了し、翌25年に宿願の新田を潤した。同年7月には当地方一帯が激しい豪雨に見舞われ、築堤は崩壊し、隧道は陥没するなど壊滅的な被害を受けたが、明治27年5月に全線の復旧が完成した。
この淡河川疏水の成功により開田範囲が拡大し、難工事が予想され見送りとなっていた山田川疏水計画が再燃し、明治44年には神戸市北区の山田川からの疏水工事に着手、大正4年に完成した。両疏水の総延長は37.3qにも及び、現在2,500haの農地をかんがいしている。


くわしい情報
淡河川疏水
http://www.himeji.kkr.mlit.go.jp/outline/river/
database/kako_scene/133.html
御坂サイフォン
http://www.himeji.kkr.mlit.go.jp/outline/
river/database/kako_scene/130.html
小林水路橋
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/1031ke58100.html
水土里デジタルアーカイブ
淡河川・山田川地区


林崎疏水
東播用水 ★
東条川用水 ★
加古川西部用水
(飯盛野疏水)
淡山疏水 ★
赤穂用水
西光寺野疏水
岩見用水
地域マップへ戻る
全国マップへ戻る
あなたの地域の疏水情報を募集しています。