疏水名鑑
疏水とは何か 全国疎水名鑑 疎水百選 イベントアーカイブ キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ
疏水名鑑
疏水百選
疏水百選とは
疏水百選一覧
三代疏水探訪
選定委員紹介
投票結果ベスト20
メディアへの登場履歴
三大疏水探訪
琵琶湖疏水
滋賀県・京都府/大津市〜京都市
明治維新による東京遷都により、京都は人口が激減するなど、衰退の道をたどっていました。当時の北垣府知事は、琵琶湖から比叡山を越えて京都に水路を築き、灌漑、舟運、上水道等に利用するとともに、水力発電を興して工業の発展を図るという起死回生のプランを発表。総工費は現在の約1兆円に相当、しかも、外国人技術者の手を借りず、一切を日本人の手で築き上げるという国の威信をかけた事業でした。トンネル工事は死者が出るほどの難工事でしたが、明治23年(1890)に完成。翌年には世界初という水力発電所も完成し、日本発の電車が走るなど、千年の古都は近代化の道を歩みはじめます。琵琶湖疏水は、その後の京都の発展やわが国の電力開発に図りしれない役割を果たしました。