疏水名鑑
疏水とは何か 全国疎水名鑑 疎水百選 イベントアーカイブ キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ

【福島県】安積疏水

  sakura疏水百選
豊川用水
疏水紹介 疏水フォトギャラリー 疏水メッセージボード この疏水のニュース

安積疏水十六橋水門
この疏水の関連情報
疏水マップ
水土里の路 ウォーキング
磐梯山・猪苗代湖ウォーク
疏水の概要
■疏水の所在
郡山市、須賀川市、本宮市、大玉村、猪苗代町の3市1町1村
地区面積 約9,000ha 組合員数 約9,000名

■所在地域の概要
福島県のほぼ中央部に広がる県内有数の水田農業地帯である。中でも現在中核都市である郡山市は、明治初期までは年間雨量が1,200ミリにも満たない荒涼とした安積原野で、約20kmの西部に広がっていた猪苗代湖から引いた安積疏水が、現在の人口約34万人の規模を持つ経済県都と呼ばれるほどの都市へと発展し今日の繁栄の基礎が築かれた。また、米の生産量も全国有数の規模を誇っている。

■疏水の概要・特徴
◎明治政府の士族授産と殖産興業の方策により、全国9藩士族をこの地に入植させ開墾を進めると同時に、猪苗代湖より分水嶺を越して水を導く猪苗代湖疏水事業は、明治12年着工、3年間で幹支線水路130kmを開削した。農業用水の他、明治31年水路の落差を利用し、紡績会社が水力発電所を建設して郡山まで24kmの長距離送電に成功し、工業・商業発展の礎となった。人口の増加により飲料水が不足したため明治41年から疏水を郡山市の上水道用水としても使用している。
◎国営新安積開拓建設事業(S16〜S41)で造成された新安積幹線用水路の改修及び小水力発電施設の新設を行い、維持管理の軽減と用水不足の解消を図るとともに、併せて関連事業により末端用水路の改修及びほ場整備を行い、水田の汎用化や機械作業体系を確立することにより、地域農業の生産性向上と農業経営の安定を図る目的で国営新安積地区かんがい排水事業として平成9年度に工事着手し、一期事業は平成16年度に完了した。また同年4月より小水力発電が供用開始され、クリーンエネルギーとして環境に優しく地区内の土地改良施設に電力を供給し、維持管理の軽減が図られている。二期事業については、平成20年度完了に向けて順調に事業執行されている。



くわしい情報
安積疏水土地改良区
http://www.asakasosui.jp/
東北農政局
[安積疏水物語]


安積疏水 ★
会津大川用水 ★
磐城小川江筋(小川堰)
地域マップへ戻る
全国マップへ戻る
あなたの地域の疏水情報を募集しています。