疏水名鑑
疏水百選とは 候補一覧〜投票 日本疏水紀行 選考委員紹介 キッズサイト 情報一覧 ランキング リンク FAQ サイトマップ お問い合わせ
疏水名鑑
よくある質問
Q01 疏水って何ですか?
A01  疏水は「・水を流すこと。・灌漑・給水・舟運または発電のために、新たに土地を切り開いて水路を設け、通水させること。また、そのもの。多くは湖沼・河川から開溝して水を引き、地形によってはトンネルを設けることもある。『広辞苑』」と、されています。
疏水百選として選定された疏水は、このような疏水のなかにあって、特に農業のために造られたもの(農業用水)を対象として実施されました。
このため、地域によっては、「○○堰、△△井路、□□用水、◎●井筋、・・・」など様々な名称で呼ばれているものも、「疏水」として今回の百選候補の対象となりました。
Q02 疏水と用水の違いは?
A02  疏水は、目的をもって水を流したり、流すための行為(水路等の造成など)のことを言いますが、用水は主に一定の目的のために「使用される水」そのものを指すことの方が多いです。使い方によっては、同じ意味を持つ場合もあります。
今回、「疏水」を用いた理由は、地域農業等のために堰を造り水路を開削した行為及びその施設を農家や地域住民が継続して維持管理してきていること評価するものとして「疏水」を用いています。
Q03 疏水と河川はどのように見分ければ良いですか?
A03  疏水は、特定の利用目的をもって造られていることが多く、今回の疏水百選は「農業」に利用する目的をもって人工的に造られた水の流れを持つ施設等(システム)です。このため、利用者が管理していることが多く、土地改良区や水利組合などがその管理を行っています。
これに対し、河川は自然発生的にできていることが多く、一級河川、二級河川、準用河川、普通河川など「河川(川)」として国土交通省、都道府県が指定し、管理しています。河川については、管理者がわかるように表示看板等設置されています。
Q04 疏水百選の応募条件や応募資格などは?
A04  応募条件は、その疏水の水が農業のために利用され、営農が行われており、水を流すことができる必要があります。また、農家団体や地域コミュニティなどにより疏水が適切に維持管理され、農業や地域の振興に貢献していることも必要となります。
応募資格は、疏水に関心がある全ての個人・団体など特に制限はありません。
Q05 『疏水百選』の選定方法を教えてください。
A05  疏水百選の選定は、選定基準に基づく評価とインターネット投票等を踏まえ、学識者等により構成されている選定委員会において選定しました。